「次の法論の段取りが組めない状況」について

「次の法論の段取りが組めない状況」について

①いつまで続くのか?
⒈経緯
2018年8月29日(水)たてわけ会から樋田氏に電話する。
樋田氏は、一か月に一回くらいは関西方面に行っている。9月6日午前に京都で用事があり、9月5日午後か9月6日午後なら面会可能。2018年9月5日13:00に亀岡駅にて待ち合わせの約束をする。

2018年9月5日(火)13:00~18:00亀岡の会場にて法論。
次回法論の約束をする。

2018年11月6日(火)たてわけ会から樋田氏にメール。
前回の法論から二カ月が経過しているので、次に京都方面へ来られる予定日を質問する。

2018年11月9日(金)樋田氏からたてわけ会にメール。
「まずは前回の動画を全部アップしてから次の法論を と考えております 今何かと立て込んでいて中々動画アップが進んでないのですが必ずやりとげますのでよろしくお願いいたしますm(__)m 」

2018年12月10日(月)樋田氏が前回の動画(9月5日録)を全部アップし終わる。

2019年1月11日(金)たてわけ会から樋田氏にメール。
動画アップ終了と前回の法論から四カ月が経過しているので、次に京都方面へ来られる予定日を質問する。

2019年1月19日(土)樋田氏からたてわけ会にメール。
「返信してなくてすみません
今何かと立て込んでいるので次の法論の段取りが組めない状況です」

2019年1月21日(月)たてわけ会から樋田氏にメール。
電話対談のカタチだと、多少のお時間は都合つく状況かを質問。

※現在1月29日の時点で、返信がありません。昨年の夏には、電話から1週間で対談ができたことを考えると、本当に忙しいのだろうか?しかし、最近は頻繁に他の動画の編集やアップに時間を使えている。するとこれは、たてわけ会の主張に全く反論ができないことを意味するのではないか?

⒉今後の展開

※「今何かと立て込んでいるので」とメールすれば、いつまででも逃げ回れると考えている様に見えます。何に忙しいのか?嘘をついていないと証明できるのか?詳しい説明を求めます。

②法論準備の条件は?
⒈動画の発言
https://www.youtube-nocookie.com/embed/LaoA1o2nPJw?start=98&end=108
樋田:「読んできて、読み込んできて、根拠を持ってあなたに、この辺矛盾でしょという風に切り込みたい」

https://www.youtube-nocookie.com/embed/LaoA1o2nPJw?start=622&end=642
樋田:「谷口さんが本当に生長の家で出している本、それを私は読みますから、それをベースに私は追究する」
たてわけ会:「甘露の法雨講義という本、テープがあるか」
樋田:「文章の方がいい、そんなの買えばいい」

https://www.youtube-nocookie.com/embed/PyPuxqdcXrI?start=356&end=370
樋田:「いいよ、だから、本自体を持って来ればいいんだよ、1冊か2冊ね、何冊か、そん中で読み込んで、付箋だらけにして、ここどうなのと、おかしいじゃないかと、ゆう風にやればいいんでしょ」

※谷口雅春さんの本を買って、谷口雅春さんの本を読み、矛盾点や間違いを発見して付箋し、法論に臨むと発言している。段取りを組む為には、以下の条件を全てクリアしないと法論に臨まないとすると、永遠に法論できない可能性がある。

⒉条件:谷口雅春さんの本を買う。

※生長の家の各県の教化部や本部練成道場には多少は置いてあるし、普通の本屋でも注文して購入できる。Amazonでも購入可能です。
では、どんな本を買うか?生長の家の各県の強化部や本部練成道場には多少は詳しい人がいるので、そのような方に電話して問い合わせれば、教えてもらえる。
社会事業団(042-572-8770)側でも、本を販売してるので、電話するといろいろ教えてもらえるかもしれない。

⒊条件:谷口雅春さんの本を読む。

※すぐ読める本もあるし、専門用語が使ってあったりして、理解するのに時間がかかる本もある。本気で読む気になれば、そう日数はかからないと思う。

⒋条件:矛盾点や間違いを発見する。

※永遠に不可能だと思われる。大蔵経全部と旧約聖書新約聖書全部と古事記全部読んで、無矛盾な理論を発表してあるのだから、創価学会と日蓮正宗の本や指導だけの知識では、到底太刀打ち出来ないと思います。井の中の蛙大海を知らずという状況に見えます。

③問題点無しの宣言を!
⒈動画の発言
https://www.youtube-nocookie.com/embed/LaoA1o2nPJw?start=45&end=55
樋田:「私が結局はそのネットで、谷口さんの著書から引いたというのを引用しようとしたから、それはダメな訳」

※ネットの情報で、生長の家を否定することを止めるのであれば、現在のところ樋田さんが持ち合わせている生長の家の問題点は、無いということだと思う。もし、今後発見したら、その時に発表したらよいのだから、今迄の認識には問題点は無いということは確かです。

⒉動画にて問題点無しの宣言を!

※しばらく、法論に臨めないのであれば、それまでは、確実に問題点無しの状態が続くので、ひとまず、生長の家に問題点無しを発表してください。


https://youtu.be/NQ_GrS_OXV0

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント